トップページ > スタッフコラム > 阿久澤 透 > 山形で不動産購入を希望している方必見!新築を建てるまでにかかる期間は?

スタッフコラム

2020.11.04

山形で不動産購入を希望している方必見!新築を建てるまでにかかる期間は?

こんにちは。
株式会社リノベース代表の阿久澤です。
 
「お住まいの選択肢は4つある」と常日頃からお客様にお伝えしています。
最近はコロナ禍の影響によりZoomでの対応も増えております。
 
 
今日は、選択肢の一つである新築住宅(自由設計)についてのお話です。
 
「マイホームを建てたいけど、何から考えたら良いかわからない」
このように不動産購入についてお悩みの方はいらっしゃいませんか。
これから数回にわたり、これからマイホームを建てたり、購入したい人向けに、できるだけ公平な立場でお話をしたいと思います。
 
 
まずは、情報収集を始めてから家に住めるまで、どれくらいの期間が必要なのか知ることが重要です。
そこで今回は、新築一戸建てが完成するまでの期間について解説します。
 
 
 
□新築一戸建てが完成するまでの期間を紹介!
 
新築を建てるとなると、まずどんな家を建てるか考える必要があります。
どの地域に住みたいのか、どんな雰囲気の家を建てたいのか、どんな暮らしをしたいのかなど具体的なイメージを膨らませますよね。
その際に、インターネットや住宅情報誌、パンフレットなどを利用して情報収集する方が多いでしょう。
住宅展示場に足を運び、理想の生活感を体験してみるのも良いですね。
でも、よくあるのが、展示場は豪華すぎて自分たちが住んだ時のイメージがわかない、、、といったことはよく言われます。
 
 
情報収集の際に、依頼したい工務店やハウスメーカーも同時進行で探しますが、情報収集にはおよそ1ヶ月から3ヶ月かかると言われています。
大きくは性能と価格やデザインなど、、どこで建てるかを決めるのにとても重要になりますよね。
どれも否定されることではないのですが、お客様自身も事前に勉強しておく必要がありますね。
 
 
ちなみに、当社がお客様とのお話の中で大切にしているのは、お客様の「価値観」と「なぜ家を建てるのか」をしっかり共有することです。
そして、ご定年時のローン残高がいくらあるのか?
老後の資金や教育費といったライフプランを通して、「住まいの安心」と共に「お金の安心」の二つです。
 
 
さて、依頼したい会社が決まれば、次に具体的なプランの決定をしていきます。
会社の方と何度も打ち合わせを行い、正式にプランが決まったら、建築請負契約を結びましょう。
これらのプランの決定から契約やローンの申し込みまでは、およそ3ヶ月から6ヶ月かかります。
 
 
打ち合わせや契約が済んだら、いよいよ工事を開始します。
工事の際は、騒音や人の出入りが多くなるので、事前に近隣住宅へご挨拶しておくことが大切です。
工事が終わったら、完了検査で不具合がないかどうか確認しましょう。
 
 
工事の期間は、着工からお引渡しまでおよそ4ヶ月ほどかかります。
問題がなければ、お引き渡しと住宅ローンの最終残金の実行が行われ、決済が終了となります。
建てる家によって期間は前後しますが、大まかな期間はこのようになっているので、ぜひこれを参考に計画を立ててみてください。
 
 
 
□家を建てる際は逆算して行動することが重要!
 
新築の購入を考えるときは、まず新築が完成する時期について考えることが大切です。
例として、新しい年度の始まりである4月やお正月を新居でお祝いするために12月に合わせて完成を目指すことが挙げられます。
希望の時期に家の完成や引越しまでを完了させるためには、上記で説明した完成までにかかるおおよその期間を参考にすると、前年の1月くらいには、
不動産会社やハウスメーカーに相談し始めておくと良いでしょう。
このように家を建てる際は、時間に余裕をもち、逆算してから早めに行動することが大切です。
 
 

 

□まとめ

 

今回は、新築一戸建てが完成するまでの期間について解説しました。

不動産購入は、想定しているよりも時間がかかることがよくあるため、早め早めに行動することが大切です。
しかし、時間に焦りすぎてしまうと、トラブルやミスが発生してしまいます。
時間と心に余裕を持って、理想のお家を作りましょう。
 
心の余裕は「お金の安心」にもつながります。
トータルでしっかりとサポートしてくれる会社でマイホームを建築、購入されると良いですね。
 
最後まで読んでいただきありがとうございます。
また次回の投稿もお楽しみに◎

ページの先頭へ