トップページ > スタッフブログ > その他 > 2024年対2023年、先進的窓リノベ事業の変更点と補助金活用術

スタッフブログ

2024.03.29

2024年対2023年、先進的窓リノベ事業の変更点と補助金活用術

2024年と2023年の先進的窓リノベ事業は、環境への配慮と経済性を重視するリフォーム検討者にとって重要な選択肢です。

両年度のプログラム変更点を理解することで、補助金を最適に活用し、より効果的なリフォーム計画を立てることが可能になります。

本記事では、これらの変更点と補助金の活用ポイントについて詳しく解説します。

 

2024年と2023年先進的窓リノベ事業の変更点

 

2024年の先進的窓リノベ事業では、2023年と比べて目を引く幾つかの変更が施されています。

これらの変更点は、リフォーム業界における最新のトレンドを反映しており、消費者にとって注目に値します。変更の概要を以下に紹介します。

 

1:玄関ドアや勝手口ドアが新たに補助の対象に

2024年度のリフォーム市場では、これまで以上に幅広い範囲のリフォームが補助金の対象となり、特に玄関ドアや勝手口ドアの交換が新たに加わりました。

この変更は、家全体の断熱性能を向上させ、冬の寒さや夏の暑さを効果的に遮断することを目的としています。

この施策により、快適な居住空間の実現がより容易になり、エネルギー効率の良い住宅を目指す動きが加速することが期待されます。

 

2:内窓の補助金が減額

2024年度は、内窓に関連する補助金が前年度に比べて約20%削減されることになりました。

この減額にも関わらず、補助金の支給率は50%と依然高水準を維持しています。

このことから、リフォームを検討している家庭にとって、経済的な負担は相対的に少なくなるというメリットがあります。

この変更は、適切な補助金の配分を通じて、より多くの住宅でのエネルギー効率向上を促す狙いがあると言えます。

 

3:ガラス交換の補助金が増額

一方で、ガラス交換に係る補助金は10%の増額が行われました。

この増額により、高性能なガラスへの交換を検討している家庭にとって、より大きなインセンティブが提供されることになります。

高性能ガラスは、断熱性や遮音性に優れており、居住環境の快適性を大きく向上させることができます。

このように、補助金の増額は、より良い住環境への投資を促進する効果があります。

 

4:カバー工法の補助金が増額

さらに、カバー工法を用いた玄関ドア交換に関する補助金も、約20%の増額が見込まれています。

この増額により、玄関の断熱性能を向上させることが、以前よりも手軽に、かつ経済的に行えるようになります。

カバー工法は、既存のドア枠をそのまま利用しつつ、新たなドアを設置する方法であり、工事期間やコストを削減できるメリットがあります。

この変更は、住宅のエントランス部分の環境改善を求める家庭にとって、大きな利点となるでしょう。

 

これらの変更は、リフォームを検討している方々にとって、より多様な選択肢を提供し、それぞれのニーズに合った最適なリフォームプランを選択しやすくするためのものです。

特に、玄関ドアの追加は、家全体のエネルギー効率を向上させる上で非常に重要な役割を果たし、リフォーム事業の魅力を高めています。

 

補助金活用のポイントとよくある疑問

 

補助金を利用する際の重要ポイントと、それに関連する疑問について詳しく説明します。

2024年に向けて補助金の申請プロセスは、信頼できる事業者を介して行われることになります。

自身での直接申請は許されていないため、適切な事業者選びが何よりも重要です。

 

新築住宅への補助金は、特定の支援事業に限定されます。

「子育てエコホーム支援事業」は新築住宅向けのものであり、一方でリフォーム向けには「先進的窓リノベ事業」の補助金が設けられています。

リフォームを検討している場合、後者の利用が推奨され、より効率的な資金活用が可能となります。

 

中古住宅の購入後にリフォームを行う際も、補助金の対象となる可能性があります。

売買契約を結んだ後、3ヶ月以内にリフォーム契約を結ぶことが補助金申請の条件となっています。

この点に留意すれば、中古住宅も助成の範囲内での改修が期待できます。

 

また、既存の窓の交換に関しても、部分的なリフォームであっても補助金の支給対象となるケースがあります。

全ての窓を同時に交換する必要はなく、計画的に部分リフォームを行うことが可能です。

 

さらに、自治体の補助金と国の補助金の併用によって、リフォーム費用の負担軽減が見込めます。

この二重の補助を上手く活用することで、リフォームプロジェクトの経済的負担を大きく軽減することが可能になります。

それぞれの補助金制度の詳細については、事前にしっかりと調査し、最適な支援を受けるための準備を行いましょう。

 

まとめ

 

2024年と2023年の先進的窓リノベ事業の変更点を理解し、補助金の活用法を把握することは、リフォームを検討している方々にとって非常に重要です。

玄関ドアの追加や補助金の増減など、変更点を踏まえた上で最適なリフォーム計画を立てることで、環境への配慮と経済性の両立が可能になります。

また、補助金活用のポイントを押さえることで、リフォームプロジェクトをよりスムーズに進めることができるでしょう。

ページの先頭へ